Car Rental

快適に移動できる夜行バス|高級バスのメリットを解説

バスだから楽しめる

旅に出る前の準備

車内

旅をする目的は人それぞれです。
福岡から特定の目的地に到着したいと考える方や、道のりそのものを楽しみたい方がおられるでしょう。
福岡から様々な地域のパーキングエリアを巡りたい方は、夜行バスで旅をすると良いでしょう。
トイレがついていない夜行バスであれば、各地のパーキングで停車します。
パーキングエリアではその地域でしか販売していない限定商品も売っていますので、コレクションやお土産に最適です。
また夜行バスは深夜の間も継続して走りますので、中から日の出を見ることができます。
福岡から出発して海沿いを走ることで、印象的な日の出を楽しめるのが魅力的なのです。
福岡から夜行バスに乗る際はまずインターネットサービスに登録してチケットを予約しましょう。
女性の一人旅であれば女性客を相席にしてくれる業者を遣えば安心です。
大型連休を避けることでチケット代金は安くなりますから、旅に出るシーズンは良く考えましょう。
支払いはチケットを手に入れる前の段階で済ませます。
出発当日は定められた場所に集まって添乗員の方に話しかけます。
その時に座る座席を伝えられるケースも少なくありませんので、座席表を確認して車内に入りましょう。
夜行バスのチケットは新幹線や飛行機よりも安価ですから、団体で移動する際もお得です。
夜にできるだけ眠りたい場合は車内にトイレがある夜行バスを選ぶと良いでしょう。
こうしたバスは滅多にパーキングエリアに停車しません。

快適に過ごせる工夫

運転席

夜行バスの魅力といえば、他の乗り物よりも安い値段で移動できることです。
例えば東京から福岡の博多駅まで行く場合、飛行機では約45,000円、新幹線では約21,000円かかります。
その一方、夜行バスを利用すると東京と福岡の博多駅まで約14,000円で済み、飛行機の約3分の1、新幹線の約3分の2の安さです。
東京から福岡県の博多まで夜行バスを使うと約15時間かかりますが、時間に余裕がある人ならばおすすめかもしれません。
ところで夜行バスを利用すると、「腰が痛くなる」「眠れない」など、不安に感じる人も少なくありません。
しかし最近の夜行バスは座席間を広くしたり、足元にゆとりを持ったりする構造となっているので、思っている以上に快適に過ごせます。
更に座席の列ごとにカーテンがある車両もあり、隣の人をあまり気にしなくても良いように配慮されています。
そして各座席にコンセントを備えつけている夜行バスもあるので、スマートフォンの充電もあまり心配がありません。
このように各バス会社では快適な旅ができるようにと、夜行バスにできるだけの工夫をしています。
そのため、たとえ東京・福岡間のような長旅であっても、それほど不満や不快感を感じることがありません。
安かろう、良かろうといった旅が夜行バスの魅力です。
ところで夜行バスでは、途中にサービスエリアなどで休憩を取りながら移動します。
この休憩時間を有効に活用しましょう。
顔を洗う・歯を磨く・着替えるなど、バスの中ではできないことをすると良いでしょう。

費用を安く抑えられる

女の人

帰省や旅行などで夜行バスが使われることが多くなってきています。
特に一人暮らしの学生など、あまり交通費をかけられないという人にお勧めです。
というのも、新幹線や飛行機などを使うよりも費用を安く抑えられるからです。
それに、夜行バスの路線はたくさんあります。
都心から福岡までという経路もあるので、これはかなりお得です。
遠方まで行きたい人ほど、夜行バスは人気があります。
何と言っても、寝ている間に目的に到着できるという点が便利です。
バスの中で眠ることができるので、後は自動的に目的地に連れて行ってくれます。
もちろん、荷物も積むことができます。
そんな点も便利です。
福岡まで行きたい人は、どのような経路で行けるのか調べてみましょう。
例えば、金曜日の夜に都心から出発するというものもあります。
これなら仕事帰りにそのまま乗って、土日を目的地で過ごすことも可能です。
実際に、金曜の夜は夜行バスがとても混雑します。
土日を使って帰省を考えている人は、早目に予約をしましょう。
もちろん、福岡まで一本で行けないこともあります。
出発地も都心に限らないので、どこから乗れるのか調べてみましょう。
場合によっては、自宅付近が出発地になっていることもあります。
便利な方法を選択しましょう。
また、費用も夜行バスの会社によって異なります。
少しでも安いところを抑えるには、よく比較することがポイントです。
最近はインターネットで予約もできるようになっているので、福岡までどのくらいの費用がかかるのか調べてみましょう。