Car Rental

快適に移動できる夜行バス|高級バスのメリットを解説

バス旅を楽しむ方法

快適な旅を送る

バスガイド

安価な旅をする上で最も便利な乗り物は夜行バスです。
福岡から夜行バスに乗る際は、快適な旅を送るためにまず席選びに慎重になりましょう。
どのようなバスでもタイヤの上は揺れる座席であり、特に車に酔いやすい人は注意が必要です。
福岡から夜行バスに乗る際は座席を指定できるか確認してみましょう。
また夜行バスに乗る際はできるだけ忘れたくないグッズがあります。
最も重要なのは枕です。
ただ座っているだけでも同じポーズを数時間続けるのは苦痛ですから、首にフィットする旅行用のエアー枕を購入しておきましょう。
福岡で百円ショップに行けば手に入れることができます。
夜行バスには多くの人達が乗車しているため、自分に合わせて内部の気温を変えてもらうことはできません。
寒がりな方であれば風邪をひかないようにブランケットを持参すると良いでしょう。
特に人は眠り始めると体温が低下しますので、熟睡するためにも忘れたくないアイテムです。
福岡でブランケットがついている夜行バスに乗れば荷物は少なくて済みますが、念のため羽織れるアウターを持って行けば不安がありません。
夜行バスでは睡眠時は完全に消灯します。
しかし外部からのちょっとした明かりが気になる方であればアイマスクを用意した方が快適な睡眠が阻害されません。
またバスの運転音が気になる方は耳栓をつければ問題なく眠れるでしょう。
靴を履いたままだと日本人の感覚では寛げませんから、使い捨てスリッパを用意すれば足下が快適になります。

よい業者を選びましょう

バス

夜行バスは深夜に移動するため、翌日は朝から時間を有効に使えます。
福岡から出発する場合でも、新幹線や飛行機よりも料金が安くお得です。
福岡発の夜行バスには多くのコースが設定されています。
料金の目安としては福岡から東京までで8000円程度です。
金曜日の出発は人気があるので数千円高くなります。
 お得な福岡発の夜行バスですが、気をつける点がいくつかあります。
まず女性が利用する場合です。
夜行バスは隣が男性になることもありますので、できれば女性専用バスを選択しましょう。
女性専用バスが利用できない場合でも席が一つずつ離れている3列シート型のバスを利用したり、備考欄にできるだけ女性同士隣にしてもらえるようにお願いしておきましょう。
男性の場合でも3列シートはおすすめです。
もちろん多くのバス会社では、個別にお願いがなくても、できるだけ安全に乗車できるように手配してくれます。
 次は料金についてです。
夜行バスは、もともと安い料金が設定されていますが、そのなかでもさらに安い料金を提示している会社があります。
ブランケット配布のサービスがないなど、コスト削減の理由が明確で納得できる場合には全く問題ありません。
しかし安さの理由がはっきりしない場合には、やめておいた方がよいでしょう。
運転手の休憩時間を少なくして人件費を削減している場合などは安全に関わってきます。
 また、夜行バスには消灯時間などルールがあります。
通常、出発後30分程度走行して高速に入ると消灯時間になります。
消灯時間になってもスマホを使用していてその明かりが漏れたり、消灯後に物を食べて匂いが広がってしまったりすると、トラブルになることがあります。
ルールは守り、はっきりと決められていないことでも周囲の迷惑になるような行動は慎んで下さい。

低価格で、時間を有効活用

女の人

日本国内を長距離移動するための方法としては、飛行機や新幹線、夜行バスが考えられます。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、移動する区間によって、どのような手段を用いるかを考えることになります。
福岡と東京間の移動を考える場合には、いずれの手段も成り立ちます。
福岡と東京の距離は1000キロ程度ありますし、どちらの都市も観光やビジネスがありますので、ある程度の利用者が期待できるからです。
飛行機を利用する場合、費用はかかるものの短時間で移動できるというメリットがあります。
福岡の空港は都市部に近いため、全体工程のアクセスも良好です。
新幹線を利用する場合、定時制が高いというメリットがあります。
費用は飛行機も新幹線も変わりませんし、都市間の移動時間もそれほど変わりません。
ただ、5時間程度座りっぱなしになるというデメリットはあります。
それらに対して、夜行バスのメリットは費用です。
飛行機や新幹線に比べると圧倒的に安いです。
夜行バスを利用した場合の最安値は片道1万円を切りますので、飛行機や新幹線の半額程度で利用することができます。
また、1000キロという長距離を夜行バスで移動するため、拘束時間は最も長くなりますが、東京を夜に出て、福岡に朝着けるということで、時間を効率的に使うことができるというメリットがあります。
夜行バスの魅力は睡眠時間である夜の間に移動することで時間を有効活用することができるところにあります。