Car Rental

快適に移動できる夜行バス|高級バスのメリットを解説

楽しい移動にする工夫

バスに乗る前の心得

バスに乗る人

遠方まで移動する際は夜行バスを利用することができます。
夜行バスは日中出ているバスとは異なり、夕方以降に出発します。
高速道路に乗りますので眠っている間に目的地に到達できるのです。
福岡から特定の目的地に向かいたい時は、まず自分に合った夜行バスを選びます。
夜行バスを運行している会社は数社ありますので、サービス内容や価格を良く比較しましょう。
福岡から出発したい場合、どのような集合地点にバスが集まるのかの確認も欠かせません。
夜行バスのチケットは繁忙期には予約が一杯になっていますから、できるだけ早い時期に予約を入れておくと失敗がありません。
こうしたチケットの代金は出発前に支払います。
福岡でコンビに支払いやクレジットカード支払いなど、便利な方法を選択しましょう。
複数のバスが集まるロータリーに夜行バスが集まる場合、事前にどのようなデザインのバスなのか確認しておくと当日慌てません。
中にはスタッフが着用しているジャケットをオープンにしている業者もありますので、サイトでチェックすると良いでしょう。
夜行バスは内部にトイレがついているものとそうではないものがあります。
トイレがあるバスは頻繁にパーキングエリアに停まりませんから、熟睡したい人に向いています。
福岡で価格を重視して夜行バスに乗りたい場合はトイレのないものを選ぶと良いでしょう。
どのような夜行バスでも所定の時間になると完全に消灯します。
中は暗くなりますが、アイマスクや耳栓を持って行くとより快適に眠れるでしょう。

気軽に行けます

走るバス

関西圏から福岡をはじめとする九州各地に行こうとすると、新幹線を利用するというのが一般的な方法ですが、大阪から最低2時間半ほどの時間が必要になります。
その料金は、片道15000円ほどかかるのが通常であり、これは関西圏から東京まで行くことができる金額です。
福岡に魅力は感じつつも、時間、料金共に東京と同等であることを考えると、旅行先の選択の際には、東の方向に向きがちなところがあります。
しかし、新幹線を使うのではなく、夜行バスを利用すると考えてみた時には、ちょっと状況が変わります。
夜行バスは、日と曜日によって、若干の料金の変動はあるものの、大阪、福岡間が安い時には4000円という破格の値段で移動することができるのです。
夜行バスの特徴である、夜、バスに乗り込んで、早朝に到着するということから、寝ている間を移動時間に充てることができるようになっています。
そのため、8時間ほど時間がかかったとしても、移動時間の長さをストレスと感じることはないのです。
この関西と福岡を結ぶ夜行バスは、関西圏の主要都市である京都から大阪、神戸を通過していくルートがあるため、利用時には関西各地からの移動も最小限で抑えることができます。
夜行バスは指定席になっており、必ず座ることが約束されていることもうれしいサービスです。
最近では、各座席が独立した形状になっており、プライバシーの観点からも気兼ねなく利用することができるようになってきており、年々快適さが向上しています。

設備が充実していて費用もお得

鞄とカメラ

バスは路線バス・観光バス以外に高速バスがあり、様々な地区を結ぶのに高速バスはよく利用されています。
特に地方や電車が発達していない地区で利用されていますが、福岡からは佐賀や長崎などにバスが出ています。
高速バスの中で特に人気となっているのが夜行バスです。
夜行バスは福岡を夜出発し、朝方に現地に到着するタイプのバスです。
夜行バスの最大の特徴は、夜を効果的に利用できる点です。
バスの中にはトイレが完備されており、バスが出発すると電気が消されるので寝て過ごすタイプになります。
よって朝現地に着いた時にはバスで寝ていますので日中は寝ずに過ごす事が出来ます。
またバスの中ではリクライニングがあり、カーテンなども常備されていて個室タイプになる夜行バスもあり、プライベートを重視する方に配慮されています。
バスのタイプにもよりますが、3列または2列シートを採用しているケースが多いので、広々しておりゆったり過ごす事も可能です。
費用面で見てみると、電車を活用するよりもバスは格安であるケースが多いので、学生やビジネスマンにとって人気となっています。
このように費用面や設備面で夜行バスは時間を効果的に使いたい人にとっては有難い移動手段ですが、バスの本数やバスの座席は限られている為、福岡を金曜日に出発する夜行バスは非常に人気となっています。
また土日も事前に予約をする必要があります。
福岡のバスセンターからは様々な方面に多くのバスが出ていますが、夜行バスが出る方面は限られていますので事前に確認する事が重要です。